ハワイのお土産選びで知っておきたいこと

いよいよ、ハワイ旅行!楽しみですね。ここでは、ハワイのお土産選びで、気を付けたいこと、事前に知っておくと安心なことをまとめました。
出発前にチェックして、現地の貴重な時間を自分のためにお楽しみください♬

<目次>
1.荷物が増えて超過料金がかかる!
2.お土産が足りない!
3.お土産袋がない!
4.日本語シールが付いてくるの?
5.チョコレートは溶ける!?

荷物が増えて超過料金がかかる!

ハネムーンや職場をお休みしての旅行となると、なにかとお土産の量が必要になってきます。
現地で買うと、荷物が増えて重量オーバーになり結局超過料金がかかってしまいます。

楽しい気分で帰国の途につこうというときに、思わぬ出費にテンションが下がってしまうことも、、、

事前に受託手荷物の無料個数を確認して、計画的にショッピングすることをお勧めします!

航空会社別受託手荷物リスト(2019年5月現在)

航空会社 クラス 無料受託手荷物 重さ(1個当り) 個数超過 重量超過(Kg)
全日空(ANA) E 2個 23kg 帰り:200ドル
行き:20,000円
23~32kg:60ドル
B 2個 32kg 32~45kg:200ドル
日本航空(JAL) E 2個 23kg 帰り:200ドル
行き:20,000円
23~32㎏:100ドル
B 3個 32kg 32~45㎏:600ドル
大韓航空 E 2個 23kg 200ドル 24~32kg:100ドル
B 2個 32kg 200ドル 33~45kg:200ドル
デルタ航空 E 2個 23kg 200ドル 23~32kg:75ドル
B 2個 32kg 200ドル 32~45kg:200ドル
ハワイアン航空 E 2個 23kg 帰り:150ドル
行き:15,000円
23~32kg:50ドル
B 2個 32kg 32~45kg:400ドル
ユナイテッド航空 E 2個 23kg 20,000円 24~32kg:20,000 円
B 2個 32kg 20,000円 33~45kg:40,000円

※E=エコノミークラス、B=ビジネスクラス

ポイント
無料受託荷物は、重量や個数の制限があるので、現地でお土産を買いすぎると出国時に、超過料金を支払う場合もあります。

国内通販サイトなら、ハワイ旅行へ出発する前に、必要な人数を数えて、お土産をあげる人によってぴったりな商品をゆっくり選ぶことができるので安心です。

そして、現地でのお土産選びの時間を、貴重な観光やショッピングにまわすことができ、結果充実した旅行にすることができます!

⇒ハワイお土産セットコーナーを見る!


お土産が足りない!

現地でハワイを満喫していると、思わずSNSに思い出を投稿しがちです。
帰国後、「ハワイどうだった~?」なんて連絡がきても、「どうしよう、、、もう渡すお土産がな~い!」なんてことが、ないようにしたいですね?

ポイント
こんなときも大丈夫です!
午前中迄のご注文(※1)で、最短翌日にハワイのお土産をお届けいたします!
「お土産の数量が足りない」と分かったときも焦らなくても大丈夫です!
ハワイに戻らなくても必要な分だけお届けできます!

※1
本州・中四国地方のみ、午前中迄の注文で翌日お届けが可能です。
(北海道・九州・沖縄エリアは、翌々日のお届けとなります。)

⇒ハワイのバラまき土産を見る!


お土産袋がない!

さあ、楽しいハワイの旅も終わり、明日から仕事です。さて、職場に持っていくお土産の準備をしよう、と思ったら、、

「お土産を配る袋って付いてなかったの??」
現地で買うと、お土産袋が付いてこないことが多いのです。

ポイント
こんなときも大丈夫です!
現地では、エコバッグの利用が主流。このため、お土産袋を購入した分だけつけてくれることはほとんどありません。帰国後、どうやってもっていこう、、と悩むこともしばしば。

でもハワイアンホーストオフィシャルショッピングサイトでは、お土産袋の無料サービスがあるので安心!!

お土産袋をご希望のお客様は、ハワイアンホーストロゴ入りお土産袋をお付けいたします。
サイズは、大小2種類からご希望サイズと枚数を選んで、買い物かごへ入れてご注文下さい。
(無料サービスのため、買物かごへ入れても料金は発生いたしません。)

⇒お土産用無料袋を注文する


日本語シールが付いてくるの?

自宅へ直接届けてくれる便利な通販サイトで注文するとき、心配なのが、『まさか日本語パッケージでは!?』と心配する方も沢山いらっしゃいます。

ご安心ください。

通販サイトで販売してる商品は、もちろんすべてハワイ産のチョコレートです。
パッケージは、ほとんどの商品が英語表記となります。(いくつか日本語パッケージがありますが、商品ページに記載がございます)

通販サイトも含め、日本国内で販売する商品は全て輸入者シール(日本語シール)を貼ることが義務付けられています。この為、国内であればどのお店で購入しても、必ず日本語シールが貼られています。(シールが貼られていない場合、違法となります)

ポイント
でも、ご安心ください!!
商品に貼られている日本語シールは、粘着性の弱い ”剥がしやすいシール”を使用しています。

このため、お客様ご自身で、シールを剥がすことが可能です。

お土産としてご利用になる場合は、シールを剥がしてお渡しください。
※シールには、賞味期限の記載がありますので、お手渡しの際に口頭でお伝え頂けますとより安心です。


チョコレートは溶ける!?

常夏ハワイといえば、そうです!ハワイは暑いのです、、、
ハワイアンホーストのマカデミアナッツチョコレートは、ハワイで持ち歩いても、溶けにくいチョコレートを使用しているため、実際他のメーカーのチョコレートよりも溶けにくくなっています。

しかし、空港を見ているとスーツケースは、太陽が照り付ける日差しのもと長時間外で飛行機に積み込まれるのを待っています。あの状況では、ハワイアンホーストのチョコレートでもやはり溶けてしまいます。

実際に、帰国後チョコレートを開けると溶けていて残念、、、なんて話もあります。

ポイント
ハワイアンホーストオフィシャルショッピングサイトで注文しておけば、事前にお届け日時のご指定ができるので、チョコレートが溶ける心配はありません!

夏場(5月中旬~10月頃迄)は、クール便でお届けするので更に安心です。
大切な方へのお土産には特に気を付けたいですね。


さて、ハワイお土産の注意点いかがでしたでしょうか?初めてハワイへ行く方もリピーターの方も、ぜひ出発前にもう一度チェックしてみてくださいね♬

みなさん、思い出に残る素敵なご旅行となりますように!

Mahalo!

ショップカテゴリ

ページトップへ